自分の目では管理が届きにくい背中ニキビの対策法とは?

背中ニキビの特徴は、赤く炎症を伴うというよりも透明な白ニキビである事が多く、主に過剰な皮脂分泌が原因で起きる事が多いです。 つまり、背中ニキビを徹底的に予防する為には、容易に皮脂を貯蓄しない肌基盤を作るのが最も良い方法です。

実は背中は皮脂腺が最も豊富にある箇所の1つで、夜の寝汗でベッタリと背中に汗を掻き、 そのまま綺麗にせず放置している事が仇になり、毛穴詰まりを誘発させて炎症が起きてしまう場合がよくあります。

また日頃からの偏食や喫煙、飲酒等も余計な皮脂分泌に拍車を掛けてしまう原因になり、過度なストレスは以ての外です。 更にロングヘアーの女性の場合は直に髪の毛が背中に触れてしまう機会が多いので、背中ニキビには要注意です。

背中ニキビにもスキンケアが有効

背中ニキビも、顔と同様にこまめな皮脂除去と乾燥対策をするのが有効で、 なるべく抗炎症作用があって且つ肌に潤いを取り戻す効果のある化粧水で肌を整えるのが一番効果的です。

また背中ニキビを作らせない丈夫な肌を作るには、豊かなハリのある肌は必須なので、 弾力感を出してくれるコラーゲンの合成材料であるビタミンC配合の化粧水はお勧めです。 ただニキビをスキンケアで治療するのは時間が掛かるのが基本なので、 もし早期解決を図りたいなら、皮膚科でケミカルピーリングを施術するか、 自宅でピーリング効果のあるプロアクティブなどのスキンケア化粧品でお手入れを行う方法が有効です。

ケミカルピーリングなら定期的に通う事で古い角質層を剥がし、その都度新しい肌再生を促す事もできるのでニキビ跡にも効きます。 一見予防方法が難しいとされる背中ニキビですが、きちんと日頃から顔と同様のスキンケアを怠らないようにすれば、常に清潔感を保つ事は可能なので、諦めずに実践してみましょう。

背中ニキビを治す

専門医による治療法とは

自分の力ではどうしても背中ニキビの改善が見られない場合、 専門医によって行われる治療を受けるのもひとつの手段です。

病院で受ける治療法としてはグリコール酸という物質を肌に塗って、 皮膚の角質を軟らかくしてから角質をはがして毛穴のつまりを取り除くといった方法があります。

もう一つには、肌に吸収されにくいビタミンを電気の力で吸収させるというものがあります。 ビタミンを浸透させることで、肌の色素沈着、角化、皮膚の酸化を防止することができるのです。

ニキビケアを専門に扱っている医療機関であれば、 個々人に適したニキビケアのカウンセリングを受けることができるようになっています。